調査レポート
/

2020年 高校生のアルバイト調査

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

高校生のアルバイト調査とは

全国の高校生のアルバイト就業に関わる意識/実態を明らかにし、企業の採用活動に資するデータを取得することを目的に調査をおこないました。

高校生の採用を検討されている方は、ぜひ資料をご覧いただき、これからの採用活動にお役立ていただけると幸いです。

 

【調査地域】全国

【調査方法】 インターネット調査

【調査期間】スクリーニング調査・本調査:2020年8月31日(月)~9月7日(月)

【調査対象】全国の15~18歳の高校生男女 (高専、専門学校は除く)

【有効回答数】1,738ンプル

※『令和元年 学校基本調査』を基に、ウエイトバック集計を行っております

※グラフの内訳は端数四捨五入の関係で合計数値と合わない場合があります

資料の内容

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

調査のポイント

①現在アルバイトをしている高校生は19.4%。昨年から6.6pt減り、全国で推計22万人減少。

アルバイト未経験の高校生は62.9%で、昨年から10.6pt増加。高校1年生を中心にアルバイト未経験者の割合が高まっており、新型コロナウイルスの感染リスクを考慮して、非就業を選択したと考えられる。

一方で高校生の非就業者のうち、アルバイトの就業意向がある人は39.1%(昨年比+3.5pt)と就業意向は昨年同様にあることが分かった。

②アルバイトの目的として「趣味のため」「社会経験を積むため」が昨年に比べて大幅に増加し、お金以外にも”経験値”や”スキルアップ”を求める意識が高まる

アルバイトの目的は昨年に続き「貯金をするため(63.5%)」が最も高かった。一方、「社会経験を積むため(46.8%、前年比+16.5pt)」「趣味のため(61.7%、前年比+13.2pt)」「スキルを身に付けるため(27.7%、前年比+8.8pt)」が前年より大幅に増加した。新型コロナウイルスの影響で将来や就職・雇用などへの不安が高まり、お金以外にも“経験値”や“スキルアップ”を目的としたアルバイトの需要が高まったと考えられる。

 

③4人に1人は就職活動を意識してアルバイトに取り組む。意識している内容は“言葉遣い”や“人との関わり”

就職活動を意識してアルバイトをしている割合は25.4%、4人に1人は就職活動を意識していることがわかる。意識していることは「正しい言葉遣いができるようになること(37.3%)」「アルバイトを通じて関わる人の数を増やすこと(35.2%)」が上位にあがった。

 

④働き方の変化に伴う意識の変化は「学ぶことへの意識(42.6%)」の高まりが見られた

コロナ禍での働き方の変化に伴い、意識の変化があったか聞いたところ「学ぶことへの意識が高まった(42.6%)」「仕事にやりがいを感じるようになった(41.2%)」などに加え、専門的な職種への関心(32.9%)や副業への興味(32.9%)の高まりも一定数見られた。

 

 

まとめ

新型コロナウイルスの影響は高校生のアルバイト事情も例外なくあるようです。将来や就職・雇用などへの不安が、“経験値”や“スキルアップ”を目的としたアルバイト需要の増加が今回のポイントになります。

ぜひこちらの資料を採用活動に活かしていただけると幸いです。

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

 


 

また、アルバイトの労働市場を各月ごとにまとめたお役立ち記事も掲載しております。
ご興味ある方は、合わせてこちらの記事もご覧ください。

アルバイトの労働市場レポート

 

あなたにおすすめ記事


アルバイト採用のことなら、マイナビバイトにご相談ください。

0120-887-515

受付時間:9:15-17:45

求人掲載をご検討の企業様