調査レポート
/

フリーターの意識・就労実態調査(2021年)

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

フリーターの意識・就労実態調査(2020年)

年齢が15~44歳で、男性は既卒、女性は既卒かつ未婚のうち、パート・アルバイトとして働いている人、および非就労者のうち希望する雇用形態が「アルバイト・パート」の方を対象とした「2020年 フリーターの意識・就労実態調査」をおこないました。

<調査地域> 全国
<調査方法> インターネット調査
<対象者> ・15~44歳の男性は既卒、女性は既卒かつ未婚のうち、
①パート・アルバイトとして働いている人
②非就労者のうち希望する雇用形態が「アルバイト・パート」の人
<回答数> 1,734サンプル
<実施期間> スクリーニング調査:2021年7月21日(水)~2020年7月26日(月)
本調査:2021年7月30日(金)~ 2021年8月2日(月)
<実施機関> 株式会社インテージ
※調査結果は、端数四捨五入の関係で合計が100%にならない場合があります。

資料の内容

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

調査のポイント

①フリーターになったきっかけは全体では「正社員で働くより楽だから」が最も高く25.4%。

”非就労者“では「明確な職業を思い描けなかった」が最も高くなった。�年代別では「明確な職業を思い描けなかった」は若年層ほど、「正社員として雇ってくれるところがなかった」は高年層ほど高い傾向が見られる。

②今後希望する雇用形態として「正社員」と回答した人は全体では約5割程度。

正社員意向は若年層ほど高く、性別では男性の方が女性より高い傾向が見られる。�今後正社員として働きたい理由で最も高かったのは「固定給が欲しいから」、次いで「正社員の方が福利厚生が充実していることが多いから」、「雇用が安定しているから」となった。

③現在アルバイトで働いている人で、副業・掛け持ちをしているのは全体では16.6%。今後副業・掛け持ちを希望するのは(現在実施している人のうち、今後したい人も含む)は5割を超えた。

実施率、今後の意向率ともに、若年層ほど高い傾向が見られた。
副業の職種で最も高かったのは、全体では「販売(コンビニエンスストア・スーパーマーケット)」で、次いで「軽作業」となった。

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む






【お知らせ】マイナビバイトの掲載料金はどれくらい?
その他、利用システムなど丁寧にお答えいたします!

あなたにおすすめ記事

新型コロナウイルス、アルバイトを守るための対策と雇用調整助成金について知っておこう

法律・制度

アルバイト採用のことなら、マイナビバイトにご相談ください。

0120-887-515

受付時間:9:15-17:45

求人掲載をご検討の企業様