調査レポート
/

外国人雇用のガイドブック

外国人雇用のガイドブック
      


▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

外国人雇用のガイドブックとは

外国人労働者の数は年々増加傾向にあり、採用を検討されている採用ご担当者様も多いのではないでしょうか?
2019年4月以降から、新しい在留資格である「特定技能」という種別が新設されました。これにより、従来までの就労ビザでは、専門的・技術的分野のみで就労が認められていましたが、一定のルールの元で就労ができる対象範囲が拡大しました。

こちらのガイドブックは、昨今の人手不足の解消のため、今後ますます注目されていくであろう外国人労働者の現状や雇用する際のルール、注意点などをまとめています。

【このような方におすすめ】

・外国人を採用したいが、どのように雇用すればいいかわからない
・外国人労働者の実態を知りたい
・外国人を採用するメリットやデメリットを知りたい

 

資料のポイント

①外国人労働者の人数では、1位が中国、2位がベトナム、3位がフィリピンとなっている。特に2位のベトナムの伸び率が高い。

②「資格外活動」の許可の確認方法は、証印シールまたは許可証での確認か在留カードで確認ができる。

③外国人採用のメリットは、外国の方がお客様になる業態の場合、接客・応対のコミュニケーションの質が向上することがある。

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

あなたにおすすめ記事


アルバイト採用のことなら、マイナビバイトにご相談ください。

0120-887-515

受付時間:9:15-17:45

求人掲載をご検討の企業様