• 派遣社員の意識・就労実態調査

    資料ダウンロード
  • 派遣社員の意識・就労実態調査

    資料ダウンロード

派遣社員の意識・就労実態調査
      派遣社員 調査 レポート

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

派遣社員の意識・就労実態調査とは

派遣社員の職探しの傾向・働くことに対する価値観を明らかにし、主に派遣会社の採用活動の参考となる情報を収集しました。
派遣会社選びの重視ポイントや派遣会社への定着ポイントなど、派遣社員として働く実態を解説しています。

ぜひ資料をご覧いただき、これからの採用活動にお役立ていただけると幸いです。

 

【調査方法】 インターネット調査

【調査期間】 2019年6月21日(金)~6月24日(月)

【調査対象】 現在派遣社員として対象職種いずれかで働く、男女20~59歳 ※調査時点

※オフィスワーク・事務/販売/サービス/テレオペ・テレマーケティング/機械・電気・IT技術・通信系/介護・福祉関連業務/製造/配送・輸送・物流

【有効回答数】 1,431名

資料の内容

  【目次】

派遣社員 調査 目次

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

調査のポイント

①派遣社員を選んだ理由は、「正社員として就職できなかったから」が20.9%と最多

現在、派遣社員として働く理由で最も多かった回答は、「正社員として就職できなかったから(20.9%)」となった。男女別にみると、男性は当該理由が31.8%で最も多い結果に。一方、女性は14.1%となり、「働く日数・時間を自分で選べるから」が17.1%で最も多く、男女で理由に違いが出た。

②今後希望する雇用形態は、男性が正社員(38.4%)、女性が派遣社員(40.8%)で男女に違いが出た

今後希望する雇用形態について聞くと、男性は「正社員」が38.4%、女性は「派遣社員」が40.8%で、ここでも男女の差が出る結果に。職種別では「機械・電気・IT技術・通信系(40.6%)」と「製造(36.4%)」が派遣社員よりも、正社員で働くことを希望する割合が高かった。

③正社員として働きたい理由は、「雇用の安定」と「賞与」がそれぞれ7割を超える

今後正社員として働きたい理由は、「雇用が安定しているから(73.7%)」と「賞与が欲しいから(73.7%)」がそれぞれ7割を超える結果となり、やりがいやキャリアアップより、今後の雇用の安定性を重視していることがわかる。

 

まとめ

派遣社員の採用においてはこちらの資料をぜひご活用をください。

 

▼詳細を読みたい方はこちらをクリック▼

資料を読む

 

 


 

また、アルバイトの労働市場を各月ごとにまとめたお役立ち記事も掲載しております。
ご興味ある方は、合わせてこちらの記事もご覧ください。

アルバイトの労働市場レポート

 


ナレビに関する取材、記事の掲載、お問い合わせに関しては、下記までご連絡ください。

お問い合わせはこちら
TOP