採用課題
/

「プールのアルバイトが集まらない」を解決するためには求人広告で何を書けばいい?他社との差別化ポイント5選

6月7月は夏休みに向けた求人が活発になる時期です。この季節になると、多くのプール施設が一斉にオープンし、同時にスタッフ募集を開始します。そのため、短い期間に多くの求人があり、夏はレジャー施設が総じて繁忙期を迎えます。

マイナビバイトでは、昨年「プール」と記載のある求人は1年間を通してスポーツクラブなどを中心に掲載されていますが、2023年6月7月は他の月と比較して、2~3倍に増加しました*1。

*1  出典|マイナビバイト 2023年1月~12月「プール」文言を含む求人件数

プールバイトの求人が一斉に増える時期に、「人手不足が解消できない」「アルバイトの応募が来ない」「他のプール施設との差別化が難しい」「近隣のネームバリューのある施設に応募が取られてしまう」といった課題でお困りの採用担当者の方々が、この記事を通じて有効な手段を見つけ、成功につながることを願っています。

本記事では、10年以上にわたり求人広告業界で従事し、月間5万件もの求人広告の作成に携わってきた著者が、実際にクライアントに向けて提案した、夏のプールバイトで他社と差別化を行うための5つのポイントをご紹介します。

目次

※各目次をクリックすると、読みたい内容をすぐにご覧いただけます。

他社との差別化ポイント

01. 日焼け対策に関する詳細情報の提供
02.仕事内容の詳細情報の提供
03.客層の情報提供
04. 無料で利用できる施設サービスの紹介
05. 資格取得支援制度の紹介

まとめ

他社との差別化ポイント

01. 日焼け対策に関する詳細情報の提供

プール監視の仕事は、特に夏場においては長時間の直射日光が避けられません。そのため、日焼け対策は多くの応募者にとって懸念事項です。
・ラッシュガードの着用が可能かどうか
・屋外プールか室内プールか
・監視台は日陰の位置か
・室内プールの場合、窓があるか
・窓がある場合、UVカットガラスを使用しているか
など、日焼けに関わる具体的な情報を提供することをおすすめします。
日焼け対策について詳細に情報を提供することで応募者の不安を軽減し、安心して応募を促すことができます。また、日焼け止めクリームの支給や、休憩時の日陰の確保など、施設側で行っている日焼け対策の取り組みを紹介することも有効です。

02.  仕事内容の詳細情報の提供

プールのアルバイトは、他施設と業務内容が類似している点もアルバイト採用の難易度を上げている要因です。ただし、施設によって仕事内容や業務範囲は異なるため仕事の特徴を強調することが重要です。
・プール監視業務は何名体制で行うのか
・受付業務はあるか
・清掃業務はあるか
・レンタル品の貸出業務はあるか
・迷子案内や場内アナウンスはあるか
など、関連業務の有無を明確に記載することで、応募者が自分に合った仕事内容かどうかを判断しやすくなります。また、専任で監視に集中できる場合のメリットや、兼任業務が多い場合の幅広い経験ができる点など、応募者が経験できる内容を記載しておくとより施設にマッチした層からの応募が見込める可能性が上がります。

03. 客層の情報提供

プール施設によっては、小さい子どもが多い家族連れ、シニア層、ビジネスマン、水泳選手など、利用者の客層が大きく異なります。
これらの客層についての情報を提供することで、応募者が自分に合った環境かどうかを判断しやすくなります。特に、将来子どもと関わる職業への就職を考えている応募者や、高齢者のサポートに興味がある応募者など、特定の客層とのコミュニケーションを経験したい人にとっては、重要な情報となります。

04. 無料で利用できる施設サービスの紹介

プールやトレーニング設備など、スタッフが無料で利用できる施設サービスが多くありますが、料金、時間帯、利用可能回数などの詳細は各施設ごとに違いがあります。詳細について記載することで、仕事以外のメリットをアピールできます。
自身もトレーニングを行っている応募者や、健康やフィットネスに関心が高い応募者にとっては、この福利厚生は大きな魅力となります。また、施設内のカフェやレストランでの割引など、その他の福利厚生についても記載すると良いでしょう。

05. 資格取得支援制度の紹介

救助活動に関する資格取得が可能な場合、資格取得支援制度の有無を記載し、キャリアアップを目指す応募者にアピールします。
資格を取得することで、将来的により幅広い職種への道が開けることを強調することによって、将来のキャリアについて考えている層からの応募を見込むこともできます。また、資格取得に向けた研修の内容や、取得後のキャリアパスについても具体的に紹介することで、応募者のモチベーションを高めることができます。

まとめ

同時期に求人が増え、仕事内容が類似することから各施設間での差別化がしづらいとされている夏のプールバイトについて、求人原稿で記載できる差別化ポイントをご紹介しました。日焼け対策、仕事内容の詳細、客層情報、無料施設サービス、資格取得支援制度の情報などを具体的に記載することによって、応募者の不安を軽減し、応募者は自分に合った仕事か判断しやすくなります。
マイナビバイトでは、アルバイト採用に関して丁寧なヒアリングを行い、募集時に貴社独自の魅力や特色を打ち出した求人原稿作成を行います。募集だけでなく面接・採用、活躍・定着・戦力化まで、”一歩先”に寄り添いサポートいたします。マイナビバイトの掲載料金など、お気軽にご相談ください。

マイナビバイトに掲載を申し込む

「アルバイト・パート採用を考えているけど、どのように広告を出したらいいかわからない」
「これまでのやり方ではなかなか人材が集まらなくて困っている」
「同じ業界の採用事例を知りたい」など、掲載よりもまずは採用に関して相談をしたいという採用担当の方も、ぜひ以下よりお問い合わせください。

マイナビバイトに相談する(無料)

                                                                                                                                                                                                                     

<著者プロフィール>
株式会社マイナビ マイナビバイト編集部
T
・・・・・・・・・・・・・・・・

マイナビバイト編集部スタッフ。求人広告の営業職・制作職として約10年間求人広告の制作に携わる。『マイナビバイト』では大手クライアントを多く担当し月間で約5万件の求人を作成したのち、マイナビバイト編集部へ異動。現在は主に『ナレビ』の運営を行っている。

あなたにおすすめ記事


アルバイト採用のことなら、マイナビバイトにご相談ください。

0120-887-515

受付時間/平日9:30~18:00

 

当サイトの記事や画像の無断転載・転用はご遠慮ください。転載・転用についてはお問い合わせください。

掲載料金・求人掲載のお問い合わせ