サービス
/

選ばれる企業になるために必要なことは、求職者に寄り添う姿勢

 

[会社名] 東洋観光株式会社
[会社概要] ホテル運営、飲食店運営など
[会社HP] http://www.toyokanko-g.co.jp/toyokanko/outline.html
[会社規模] 従業員数 660名(社員 340名、アルバイト・パート320名)
[業界] ホテル業界
[主要掲載エリア] 広島エリア
[マイナビバイト利用サービス] マイナビバイト(https://baito.mynavi.jp/forkigyo/nalevi/

求人を出すだけで、採用できていた時代は終わった?

ホテル事業部長 藤田浩司 様     

-紙からWebへの過渡期。どんな課題を抱えていましたか?

紙媒体が主流だった頃から求人を出していて、当時は「出せば応募がくる時代」でした。1回で10名程度の応募があり、その中から1~2名採用という具合でしたね。その後、インターネットの普及もあって、Web媒体にも求人を出すようになってきた時に、マイナビバイトも利用し始めました。スマートフォンが身近になり、Webからの応募も増えましたが、簡単に応募できるからか応募者との連絡が取れないことも多く、どうにかしなければと思っていました。年々応募数も減少傾向にあり、厳しくなっている「採用」に対して、企業側も変化し、採用率を高める必要性を感じはじめました。

 

-マイナビバイトの営業からはどんな提案がありましたか?

職種・ターゲットごとに求人原稿を分けて掲載する提案をもらいましたね。たとえば、ホテル内の飲食店の求人募集では、「店舗スタッフ」として募集していましたが、朝食・ランチ・洗い場というように職種ごとに分けることで、マッチングを高めましょうと。もちろん、店舗スタッフとして1原稿で出した方が金額は抑えられますが……マッチングを高めることで、どんな結果になるか試しにやってみました。結果的には、1原稿に1~2名応募があり連絡もスムーズにおこなえて、採用することができました。それぞれの職種に、応募数は分散しましたが、効率良く採用できたので、ターゲットを分ける重要性を改めて実感できましたね。

 

採用成功のカギは、「相手目線」!

-求人原稿において、こだわっていることはありますか?

求人募集に関しては企業側の要望よりも、読み手の「受け止め方」を重視することが不可欠だと感じています。先ほどの朝食スタッフを例にあげると、「早朝だけ働きたい!  」と思っている方が、夜の時間帯も求人内容に載っていると、「夜の時間帯もシフトに入らなきゃいけないのかな」と受け止められ、応募してもらえる機会を逃してしまっていることもあるかもしれません。小さな積み重ねですが、そういった「不安要素」を取り除いてあげることで、安心して応募してもらえる求人原稿に近づいてきたのかなと思っています。応募前の段階で、マッチングができているからか応募後の連絡もつきやすくなったと実感しています。

 

-応募後の努力も徹底されているそうですね!

応募は「ホテルの予約と一緒」だと思って対応しています。サービス業の方はわかると思いますが、予約を1~2日放っておくことってまずありませんよね。求人も同じで、応募してくれた方にはできるだけすぐに対応します。弊社では、各部署それぞれの担当者が対応しますので、応募を見落としてしまうことのないように、応募があった際は私から各担当者へも連絡するようにしています。
あとは、採用後のフォローも欠かしません。せっかく良い方を採用できても、辞めてしまわれたら悲しいですから。「人間関係」と「イメージとのギャップ」で辞めてしまう方が多いので、初出勤日には話しかけてあげるなどのフォローにも入るようにしています。

 

ホテル業界とマイナビバイトを考える

 

-今後の展望についてお聞かせください。

私たち、ホテル事業はフロントスタッフ、レストランスタッフ、清掃スタッフなど、さまざまなセクションのスタッフの働きがあって成り立っています。ただ、その中で日によって忙しいセクションもあればそうでないセクションもありますので、その繁閑に合わせてそれぞれのセクションに入っていただけるようなサポートスタッフを採用し運用できたらと考えています。そのためには、各セクションのサブ的な仕事をそれぞれ洗い出し、具体的にどのような仕事を担っていただくか決める必要があると考えています。それに伴い、求人をかける際には仕事内容の記載方法などをマイナビバイトの担当の方々と相談しながらやっていきたいですね。

-マイナビバイトをご検討中の企業へ一言!

これまで数人の営業担当の方と一緒に仕事させていただいてきましたが、皆さんなんと言ってもフレンドリーかつ、親身になって話を聞いてくれます。堅苦しい感じではないので、商談中も会話が弾み、採用に関する悩みも相談しやすいです。また、急に求人をかけなければならない場合も、スピーディーに対応してくれるので助かります。まずは「課題」と感じられていることを、お話することから始められてはいかがでしょうか。

 

【マイナビバイトから】

今回のインタビューを通して、「応募は予約と一緒」などユーザーに丁寧に向き合う姿勢がとても印象的でした。100%有効なマニュアルは存在しない採用活動だからこそ、時代やユーザーに柔軟に対応できる媒体でありたいと改めて思いました。

※本記事の内容は取材時(2019年5月時点)の情報です。



▼アルバイト採用はマイナビバイトにお任せください!▼
御見積相談も受け付けております。


電話番号:0120-887-515(平日 9:15~17:45)




あなたにおすすめ記事


アルバイト採用のことなら、マイナビバイトにご相談ください。

0120-887-515

受付時間:9:15-17:45

求人掲載をご検討の企業様