• フリーターの本音! 彼らの働く目的・希望する勤務条件とは?

    調査・データ
  • フリーターの本音! 彼らの働く目的・希望する勤務条件とは?

    調査・データ

フリーターの労働力は、アルバイト労働市場の中でも重要な位置を占めています。人出不足による採用難が叫ばれている昨今、その存在は無視することはできません。フリーターとして働く彼らが職場に対し何を求めているのか、どのような勤務条件を希望しているのかを知ることは、採用活動を考える上で有効な判断材料となります。そこで今回は、フリーターとして働く上での希望をご紹介します。

アルバイトをする目的は金銭面が多い

次のグラフは、フリーターに対し、働く目的について聞いたものです。

出典:2019年10月 株式会社マイナビ 社長室 リサーチ&マーケティング部 アルバイトリサーチチーム「フリーターの意識・就労実態調査」

全体で最も多く選ばれた選択肢は「生活費のため」、次いで「自由に使えるお小遣い稼ぎのため」「貯金をするため」という結果でした。
やりがいやキャリア形成など、様々な選択肢が並ぶ中で、金銭的な理由が最も多く選ばれています。この傾向は、年齢や性別に関わらず、共通して見られます。

しかし、具体的な内容に目を向けると、年齢によって若干の差がみられました。15〜24歳という若年層においては「生活費のため」と答えた割合が他の年代に比べやや低く、「自由に使えるお小遣い稼ぎのため」「貯金をするため」と答えた割合が高めとなっています。

正社員希望者は全体の4割弱

現在希望している雇用形態と、今後3年間で希望する雇用形態についてのアンケート結果が以下です。

出典:2019年10月 株式会社マイナビ 社長室 リサーチ&マーケティング部 アルバイトリサーチチーム「フリーターの意識・就労実態調査」

全体の結果として、「雇用形態にはこだわりはない」と答えた割合が最も多く、約50%にのぼりました。
正社員を希望する割合は40%弱、非正規社員を希望する割合は約10%と、雇用形態にこだわる場合は正社員を希望する人の方が多く見られました。現在の希望と今後3年間での希望については、大きな差はありません。

正社員・フリーターを希望する理由

今後3年間で正社員/フリーターを希望する理由については、下記のような結果が得られました。

正社員を希望する理由としては、「固定給が欲しいから」「正社員の方が福利厚生が充実していることが多いから」などといった理由が多く回答されています。年代別に見ると、15〜24歳では「やりがいのある仕事・裁量権のある仕事をしたいから」「キャリアアップしやすいから」という回答が全体の平均値に比べ高くなっており、就業形態だけでなく、仕事内容や将来性についても重視していることがわかります。他方、3544歳では「定年まで働きたいから」という回答の割合が、他の年齢に比べて多く、将来的な雇用に対する不安が表れた結果となりました。
出典:2019年10月 株式会社マイナビ 社長室 リサーチ&マーケティング部 アルバイトリサーチチーム「フリーターの意識・就労実態調査」

フリーターを希望する理由としては、「趣味や他の時間との両立をしやすいから」が最も多く選ばれました。「自宅の近くで働きたいから」「就労調整をしやすいから」といった、働きやすさに関する回答も多く選ばれています。また、女性の場合、「家事・育児・介護等との両立がしやすいから」という回答も多く、勤務条件を選びやすいというフリーターの特性を活かした働き方が望まれていることがわかります。

仕事探しの絶対条件

仕事を探す際の絶対条件についても、フリーターの、自由・気軽な働き方、という特徴を反映した結果となりました。

出典:2019年10月 株式会社マイナビ 社長室 リサーチ&マーケティング部 アルバイトリサーチチーム「フリーターの意識・就労実態調査」

最も多く選ばれたのは「シフトの融通がきく」と「未経験でもできる仕事である」で、ほぼ同数でした。「交通の便が良い」についても、次いで多く選ばれています。「給与が高い」については4番目という結果でした。

人間関係に関する項目も多く選ばれていますが、「職場の人間関係がドライでわずらわしくない」と「職場の雰囲気が楽しい・アットホームな職場」がほぼ同数選ばれています。一概にどちらが好ましいということはなく、自分にあった雰囲気の職場を選んでいるということがわかります

まとめ

アンケート調査の結果、働く目的としては金銭面をあげる人が多く見られましたが、実際に仕事を探す際には、自由度を重視している人の方が多いことがわかりました。正社員ではなくフリーターを希望する理由としても、自分の時間との両立や、働きやすさが挙がっています。フリーターとして働く理由はさまざまなものがありますが、正社員に比べ、より「自由さ」「自分らしさ」が重視されているようです。

 


ナレビに関する取材、記事の掲載、お問い合わせに関しては、下記までご連絡ください。

お問い合わせはこちら
TOP